椿油とは

椿油とは?椿油の主成分・オレイン酸椿油とスキンケア椿油とヘアケア椿乃華の椿油


椿乃華

長崎県産のヤブ椿から抽出される椿油は、なめらかで質がよく
古くは整髪に、食用に、薬にと珍重されてきました。
1年で栽培できるエゴマやごま油などの植物性と比較してもとりわけ貴重なものだったのです。

それは630年から894年にかけて唐の国に遣唐使が送られる際
不老長寿の贈り物として椿油を献上品にしていた記録も残っているほど。

また、椿油で揚げ物をすると、長時間空気にさらしても変質・酸化することが少なく
さくさくとした食感が続くことから、宴会料理などにも重宝されてきました。

椿油は基本的に人の手を借りて栽培するものではなく、自生している椿の種を拾って油を抽出します。

その為、農薬等が使われる心配はなく、他の植物性油と比べても
本当の意味での純粋な油を抽出する事が出来ると言えますが、
現実には、実が採れるまでの成木に成長するまでかなりの時間を要します。

実際、国産の椿油は減少傾向にあり、気候や温度変化によって、椿の種の収穫量も毎年変化していきます。
椿油は、それだけ繊細で、大量生産の難しいものである事も確かなのです。

◆あわせてご覧ください 椿乃華の椿油どこが違う

■最近チェックした商品