椿油とは

椿油とは?椿油の主成分・オレイン酸椿油とスキンケア椿油とヘアケア椿乃華の椿油



椿油でヘアケア

髪の毛の表面は、キューティクルと呼ばれる魚の鱗のようなもので守られています。
しかし、パーマや染毛剤、紫外線などで繰り返し髪にダメージを与えると、その表面のキューティクルは簡単に破壊され、剥がれ落ちてしまいます。

キューティクルに守られていた髪内部が水分を留めておく力を失ってしまうと、
次第に表面の光沢がなくなり、枝毛、切れ毛を引き起こすなど、全体的にパサついた、まとまりの無い髪に。
また、剥がれたキューティクルは、同じ場所から二度と再生することはありません。

さあ、椿油を髪に馴染ませましょう。
髪全体を透明なオイルがコーティングし、透明なバリアの役目を果たします。

椿油のバリアによってキューティクルが剥がれてしまうのを防ぎ、それによって髪内部の水分が閉じ込められます。
表面から毛先まで潤いで満たされ、さらさらとした深みとつやのある「光り輝く髪」に生まれ変わることでしょう。

お風呂上がり、シャンプー後に椿油を数滴、髪全体になじませてドライヤーをかけてみてください。 その手触りに驚くでしょう。
椿油がドライヤーの熱から髪をコートし、ブラッシングによる静電気の発生を抑え、頭皮の皮脂のバランスを整えるとともに、椿油に含まれるサポニンという殺菌効果作用をもつ成分が、頭皮を清潔に保ち、フケ・かゆみを防止します。

外出時に付けると、日光や外気の影響で起こる乾燥や帯電を防ぎ、髪のダメージの軽減に。

椿油は古来より日本女性の美しい黒髪を守り続けてきた、黄金のオイルなのです。



◆あわせてご覧ください 椿油の使い方

■最近チェックした商品