椿ツバキつばき


古来より愛されてきた花椿

椿日本で古くから愛されてきた花・椿。学名を『Camellia Japonica(カメリアジャポニカ)』といい、海外でも人気の高い花です。椿は昔から多品種の作出が行われ、色や形、葉の形状など実に様々です。常緑木で、寒さの厳しい冬にも見事な美しい花を咲かせます。
たくさんの歌人達が歌に詠んだり、万葉集にも椿に関する記述が残っています。
また、茶室に一年を通して飾られることの多い椿は、『茶花の女王』と呼ばれ、格の高い花として愛されています。椿は、冬から春にかけて咲くことから、昔から「春の訪れを告げる木」として、人々は「椿が咲いたら春が来る」と長く辛い冬を越し、春の到来を楽しみにしていたと言います。新しく明るい季節を告げる花として親しまれていたのですね。

 

華やかさと強さ

椿赤やピンク、白など、様々な品種と形が華やかな椿。冬の冷たい雪にも負けず、凛と咲く椿は、強さと華やかさを合わせ持つとても可愛らしい花です。大きく幾重にも花びらがあるような八重咲きのものや、小さくあまり開かない控えめな咲き方だけど真っ赤で一生懸命咲いているような種類もあり、よく観察していると、それぞれにその種類の良さを感じます。一般的に椿のモチーフやイメージとして用いられるのは、原種であるヤブツバキという種類の椿です。開きが控えめで一見地味なようにも見えますが、花びらは紅く、咲いている姿は、何にも媚びていないような凛とした強さを感じさせます。
 

椿油の歴史

平安時代から使われる椿油椿油の歴史は古く、飛鳥時代の頃にはすでに椿油は生産されており、遣唐使が献上品として海石榴(椿油)を持参したとされています(※諸説あり)。平安時代初期には、食用・灯用・化粧用、また不老不死の薬として珍重されていたと言います。そして江戸時代には、女性の長く艶やかな黒髪の化粧油として、椿油は欠かせないものだったようです。皮膚の軟膏としての使用も知られていますね。
今でこそ、様々な種類の油が食用や化粧油として地上に出ていますが、近年椿油の性質や良さは見直され、食用や化粧品としてだけではなく、医療用としても使われています。
オレイン酸を多く含む椿油は、他のどんな油よりも人の皮脂にとても近く、髪や肌を美しく健康に保つとして愛されています。昔の人の椿油の活用方法の発見が、現代も残って受け継がれていることはとても尊く偉大です。私達もまた、その偉業の一端を担うことができたらと思っています。
 

豊かな大地と太陽が育む椿油

椿が育つ五島椿は、日本や中国、東南アジアなどに広く分布しています。日本でも全国にありますが、生産地として主に有名なのは、長崎・五島や雲仙、大島や鹿児島など火山灰が豊富な土地。火山灰は椿にとっての養分が豊富で、良質の椿油が作られます。
椿乃華の椿油は、長崎県産。火山灰の豊富な大地が育んだとても良質の椿油を、みなさまにお届けしています。