国産椿油の椿乃華オンラインショップ

椿油ってどんなオイル?成分と効果


昔から髪の毛にいいとして、日本女性の美容の味方として知られてきた椿油。
高齢の方は昔から愛用者も多いですが、なぜ髪の毛や肌に効果があるのか、なぜ美容にいいのか?
その理由はあまり広く知られていません。
椿油とは何か?成分にどんな秘密があるのか?ちょっとのぞいてみましょう。



ヒトの皮脂と椿油の主成分・オレイン酸の関係

椿油コスメ専門店|椿乃華|皮脂とオレイン酸左図の左側の円グラフは、ヒトの皮脂の組成を表したもの。皮脂膜とは、皮脂腺から分泌される皮脂(油分)と、汗腺から分泌される汗(水分)が混ざり合ったもので、「天然の保湿クリーム」と称されます。
その主成分は「オレイン酸トリグリセリド」であり、皮脂の中でも最も安定した油分です。
この皮脂膜には、「水分の蒸発を防ぐ・肌を滑らかにする・外的刺激から皮膚を保護する」など、多くの大切な役割があります。

椿油美容のメリットを見る



酸化しにくい最高の植物性オイル

右側の円グラフは、椿油の主成分の割合を表したものです。椿油は、その85%以上がオレイン酸です。オレイン酸は、脂肪酸の中でも特に酸化しにくく、安定した油分で、高温多湿などの過酷な条件下にあっても変質することがない優れた性質を持っています。(→『椿乃華の椿油|品質証明証』)そのために、ツバキ油は注射器用基材や軟膏用基材にも使用されています。椿油のオレイン酸の含有率は、オリーブオイルやごま油など、他の植物性オイルと比べても群を抜いて高いことがわかっています。


椿油コスメ専門店|椿乃華|椿油の成分

オレイン酸は、ヒトの皮膚の表面にあって、潤いを保つとともに肌そのものを守る皮脂膜に最も多く含まれる成分。加齢や気候、生活習慣、食べ物などにより皮脂の分泌が減少傾向にあると、乾燥肌を招きます。 → 肌の酸化と乾燥を見る

椿油はその皮脂膜の代わりとなるものとして最適であり、主成分が同じだから、肌にも髪の毛にも頭皮にも低刺激。
誰でも持っている皮脂の成分と近いから、どんな肌質・髪質の方にも、また赤ちゃんからお年寄りまで安心して使える椿油。
乾燥を防いで皮脂バランスを整えるほか、髪の毛や肌にツヤを与え、柔らかくしなやかで健康的な状態へ導きます。


昔から、女性の髪の毛にツヤを与え続けてきた椿油ですが、今はその成分から、肌にもとても良いオイルだということがわかっています。

椿油は、髪の毛から顔、体と全身に使えるマルチユースオイルです。
毎日のスキンケア・ヘアケア・ボディケアに、椿油を取り入れてみませんか。




【椿油をもっと詳しく知る↓】