椿乃華について | 店舗情報 | 椿乃華取扱店 | ご利用ガイド  | マイアカウント




椿油ってどんなオイル?成分と効果


昔から日本女性の美容の味方として知られてきた椿油。
高齢の方は愛用者も多いですが、なぜ髪や肌に効果があるのか、なぜ美容にいいのか?
その理由はあまり広く知られていません。
椿油とは何か?成分にどんな秘密があるのか?ちょっとのぞいてみましょう。


ヒトの皮脂とオレイン酸の関係

オレイン酸左図の左側の円グラフは、ヒトの皮脂の組成を表したもの。皮脂膜とは、皮脂腺から分泌される皮脂(油分)と、汗腺から分泌される汗(水分)が混ざり合ったもので、「天然の保湿クリーム」と称されます。
その主成分は「オレイン酸トリグリセライド」であり、皮脂の中でも最も安定した油分です。
この皮脂膜には、「水分の蒸発を防ぐ・肌を滑らかにする・外的刺激から皮膚を保護する」など、多くの大切な役割があります。

オイル美容のメリットを見る


酸化しにくい最高の植物性オイル

右側の円グラフは、椿油の主成分の割合を表したものです。椿油は、その85%以上がオレイン酸です。オレイン酸は、脂肪酸の中でも特に酸化しにくく、安定した性質を持っています。それは、オリーブオイルやごま油など、他の植物性オイルと比べても明らかです。

オレイン酸の割合

オレイン酸は、ヒトの皮膚の表面にあって、潤いを保つとともに肌そのものを守る皮脂膜に最も多く含まれる成分。加齢や気候、生活習慣、食べ物などにより皮脂が減少傾向にあると、乾燥肌を招きます。  

肌の酸化と乾燥を見る


日焼けを防ぐ効果
椿油と紫外線
実は椿油には日焼け防止効果もあります。紫外線には、シワやたるみの原因となる"UV-A"と、表皮に炎症を起こし皮膚癌やシミの原因となる”UV-B”という光線があり、椿油は"UV-B"をカットします。日焼け止めとの併用で、より高い日焼け対策が可能です。








化粧下地に椿油

歌舞伎役者と椿油テレビや舞台で活躍される歌舞伎役者さんは、舞台用の刺激の強いメイクから肌を守るため、化粧下地に椿油を使っていらっしゃいます。
化粧下地に椿油を使うと、ファンデーションのノリも良くなり、肌にツヤも出ます。日中の乾燥が気になる方はぜひお試しください。



【椿油をもっと詳しく知る↓】

 
■最近チェックした商品