椿乃華オンラインショップ|国産天然椿油と化粧品のお店

椿乃華オンラインショップ|お客様から寄せられるよくあるご質問






こちらに、皆様から寄せられたご質問を集めております。

成分使用期限、保存方法、使い方など、椿油やその他商品に関するわからないことはこちらか、掲載されていない時は、お電話やメールでお問い合わせください。



 

Q:椿油は髪に悪いと聞きました。


A:椿油の成分や説明に関しては、『世界三大オイルの一つ、椿油ってどんなオイル?』をご覧ください。椿油の主成分は、皮脂と同じオレイン酸です。髪の毛に悪い成分は入っておりません。どんな髪質の方にもお使いいただけます。

椿油でトリートメントを行なっている場合は、髪の毛がオイルでコーティングされていますので、パーマやカラーがかかりにくくなる可能性があります。パーマやカラーをされる前に洗髪することをお勧めいたします。




 

 

Q:脂性の肌でも椿油は使えますか?




A:皮脂が原因のニキビが出来やすい脂性の肌の場合は、椿油の主成分であるトリグリセリドがアクネ菌のエサとなるので、使用は控えた方が良いでしょう。



肌が乾燥しており、それが原因での皮脂分泌過多な肌の場合は、脂性ではなく乾燥肌です。椿油を塗ることで皮脂バランスが整う可能性もあります。肌に吹き出物やニキビがないタイミングでお試しください。




 

 

Q:椿油はシワに効果がありますか?




A:椿油でケアできるのは乾燥が原因によるシワのみで、表皮上に小さくできるちりめんじわなどの小じわです。



小じわのうちに、保湿ケアをしっかりと行い、深いシワになる前に対策を打つことが大事です。

椿油は、肌を柔らかくしますので、顔のオイルマッサージなども同時に行うことで、表情筋のシワを次第に和らげる効果も期待できます。




 

 

Q:椿油を使うと白髪は黒くなりますか?




A:椿油を塗っただけでは、白髪は黒くはなりません。

白髪の原因の一つとして、頭皮が硬くなることによる血行不良があります。白髪を防ぐには、血行を促進するための頭皮マッサージが有効です。既に白く生えてきてしまった髪が黒になることはありませんが、頭皮マッサージで頭皮の血行が促進され、栄養がよく行き渡るようになれば、生えてくる髪が黒髪になることは可能です。頭皮の血行は、白髪以外にも、抜け毛や髪の太さ、ボリュームや髪の艶などにも大きく影響します。日頃から、シャンプーやブラッシングの際にでも頭皮マッサージを行って、健康的な髪と頭皮を手に入れましょう。



頭皮マッサージで薄毛悩み・顔のたるみ解消、ハリ・コシ、アップ!




 

 

Q:リンスやトリートメントはありませんか?




A:弊社のシャンプーには椿油が高配合されております。そのため、シャンプーだけでもしっとりとまとまりますが、よりツヤのある髪をお望みの方には、トリートメントとして国産天然椿油 カメリアオイルゴールド プレミアムをおすすめしております。よろしければ、シャンプーと椿油のセットで5%OFFになるセット商品をお求めください。




 

 

Q:椿油の香りが以前のものと違います。




A:弊社の椿油は国産の天然椿油を使用しています。そのため、脱臭や脱酸という工程は変わらなくても、色や香りなどは毎年多少ばらつきがございます。香りが少しあったり、色が黄色に近いものであっても、毎年徹底した工程を経て生産されておりますので、品質には問題なくお使いいただけます。



 


 

Q:肌が弱いのですが、肌が弱くても椿油は使えますか?




A:椿油は刺激がほとんどなく、またヒトの皮脂の成分にとても近いため、子供からお年寄りまで、また乾燥肌や敏感肌のお客様にも幅広くお使いいただいておりますが、治療を必要とするほどの皮膚トラブルをお持ちの場合、その原因によって対処法が違ってきます。また皮脂が原因の皮膚トラブルなどは、油分を塗ると悪化することもありますので、皮膚トラブルをお持ちの方は、必ず事前にお医者様とご相談の上、サンプルセット、もしくは国産天然椿油 カメリアオイルゴールド プレミアム1本からお試しください。


 

 

Q:アトピーに椿油は使えますか?




A:治癒はしませんが、椿油にはサポニンという成分が含まれており、アトピー性皮膚炎の炎症の原因とされている黄色ブドウ球菌の繁殖を抑える効果が報告されています。

また、椿油は、その成分の8割以上がオレイン酸で、ヒトの皮脂にとても近い成分です。刺激もほとんどありませんので、皮膚のバリア機能を向上させる手助けとなります。お試しになりたい方は、主治医にご相談の上、サンプルセット、もしくは国産天然椿油 カメリアオイルゴールド プレミアム1本からお試しください。



アトピー性皮膚炎をお持ちの場合、深刻な乾燥肌である場合がほとんどです。アトピー性皮膚炎は、ステロイドなどの治療薬を用いることと同時に、皮膚バリア機能を高めることが改善への近道です。掻痒により、皮膚バリア機能がますます低下するため、刺激の少ない保湿剤などで肌を保護しましょう。



肌に関する記事はこちら→ 肌の基礎知識講座|肌の仕組みとバリア機能



 

 

Q:使用期限はありますか?




A:厳密な使用期限はございません。脱臭・脱酸を行って製造しておりますが、開封して時間が経っている場合などは多少匂い戻りがございます。椿油特有の匂いですので、製品が劣化したということではありませんが、未開封では3年以内に、開封後は半年をめどにお使いください。




 

 

Q:オイルの色が以前買ったものと違います。




A:毎年、採れる椿の種により色も変わります。天然の印ですのでご了承ください。




 

 

Q:昼間つけると油焼けしませんか?<一番多い質問>




A:しません。

油焼けとは、まだ精製技術の不十分な時代に、石油系化粧品の不純物などによるものや酸化しやすいオイルが原因です。現在は化粧品開発技術も進み、油焼けするような粗悪な製品はほとんど見られません。また、椿油は酸化しにくく、弊社の椿油は国産の椿油を使った純度の高いものになっておりますので、化粧下地や朝のスキンケアにもお使いいただけます。




 

 

Q:シャンプーや化粧水の色は着色ですか?




A:弊社の商品は、全て無着色です。シャンプーの黄色や化粧水のピンク色は、成分自体の色素によるものです。




 

 

Q:椿油はいつ使うのですか?




A:いつでも結構です。クレンジングとして、保湿用オイルとして、トリートメントとして、化粧下地としてもお使いいただけます。スタッフのおすすめは、洗顔後やおふろあがりの肌が濡れている状態でオイルを肌や髪になじませます。肌はオイルをなじませた後で、化粧水→再びオイル。化粧水が肌へ浸透しやすくなります。化粧水をつけた後は、椿油や保湿用クリームで保湿してください。髪はオイルをなじませた後、ドライヤーします。髪だけでなく、顔にも体にもお使いいただけます。

詳しい使い方は、『椿油の使い方』のページをご覧ください。




 

 

Q:椿油はどのくらい保ちますか?




A:人により個人差があります。髪だけにお使いの場合は、1本でも3ヶ月〜半年ほどお使いの場合もありますし、顔や体にもお使いの場合は毎月5、6本お求めの場合もあります。椿油は酸化しにくく、品質が変わりにくいので、まとめてお求めいただく方がお得ではありますが、髪の長さや用途によっても違いますので、使用期限を気にされる場合は、1本を使い切ってから次回購入の本数をお決めください。




 

 

Q:ネットショップ以外でどこで買えますか?




A:九州内の一部温泉宿やサロンにて、オイルやクリーム(オイルだけの販売店もあり)を販売しております。

詳しくは椿乃華商品取扱店をご覧ください。





近頃、フリマアプリやオークションで、転売されている場合がございますが、代金未払いの疑いのある商品や、製造時期が数年前の古い物や開封済の商品もいくつか確認しております。そういった商品をお求めいただいた場合に起こります様々なトラブルに関しましては、弊社では一切の責任を負えません。

お客様の髪と肌に直接お使いいただく商品ですので、安全面・衛生面、また保管の仕方などを考慮しましても、オンラインショップまたは商品の置いてある温泉旅館や販売店にて直接お求めいただくようお願いいたします。